LOG IN

帰路の途中で

by yuineblog

 高校生になってから、俺は自転車で登校している。

 毎朝、三十分以上も漕ぎ続けないといけないこの行為も、一年以上続けていると習慣になるものだ。

 入学したての頃は、近所の友人と待ち合わせをして一緒に登校していた。

 しかし、いつの間にかその縛りもなくなっていた。各々の生活リズムが合わなくなり始めたからだ。部活や委員会、クラスでの交友関係。我々の時間を乱すものは様々だ。

 当然、俺は一人での登校が多くなった。これは高校生活に慣れてきた周りの奴らを見ても、同じことが言えると思う。

 ところが、放課後はどうだ。

 学友たちと半ば強制的に授業を共にし、ある程度の時間を共有した後の状態となると、誰かと一緒に帰宅するという人は多いのではないだろうか。所属しているクラスや部活・委員会なども関係して帰宅する時間は重なり、友人と共に帰ることが容易だ。

 そう考えると、校内で生まれる友達グループというのも、「帰宅」を基点に出来上がるのではないかと思う。

 例に漏れず俺にも、放課後は一緒に帰る相手が自然と出来た。

 生徒会のメンバーだ。

 四人で構成されている生徒会は、帰る時間は同じだが、その中からさらに二つのグループに分かれる。自転車組と電車組で、二人ずつだ。

 他の理由も合わさりこのような分かれ方だが、始めから変わっていない。周りから見ても至極全うな分かれ方だろう。

 今日も生徒長としての仕事が終わり、俺はいま帰路の途中にいる。

 隣には、俺と自転車を並べて走る女子がいる。

 背丈が小さく、高校の制服を着ていないと中学生と間違えられそうな生徒会副会長、風花駒萌(かぜはなこまめ)だ。

 少しだけ漕ぐ速度の遅い駒萌にスピードを合わせて、俺は自転車を漕ぐ。

 横断歩道へと差し掛かると、ちょうど赤へと変わるタイミングだった。俺たちが止まった後に、交差点で待っていた自動車が動き出す。

「光樹、ちょっと寄り道したい」

「もう暗くなるぞ」

「お店はまだ閉まらないもん」

 ごもっともだ。

 駒萌からの突然のお誘いに、喜ばなかったと言うのは嘘になる。仲の良い女子から受けたお誘いに嫌悪感を持つような男子がいたなら、そいつは健全ではないだろう。……駒萌からのお誘いなら、なおさら。

 しかし、両手を離し愚直に喜んだ、というのもまた嘘になる。

 時間も時間だった。見渡せば景色は夕焼けに染められていた。正直なところ、面倒臭いという感情が横切ったのは事実であった。

 二つの相反する感情を抱いてしまった結果、行くか行かないかを決める判断材料はその内容だ。

「どこに行こうとしてるんだ?」

「駅前かな」

「駅前って、なにか欲しいものでもあるのか」

「今日、お母さんがお出掛けしてて……」

 ここで駒萌が言いたいことを考えた。

 もし買い物があるなら、肯定した方が話はスムーズに進んだ。にも関わらず、駒萌はそれをしなかった。そして、家に母親が居ないという別の話を切り出したということは何か意味があるのだろう。

 駒萌の真意はここにある。

 この時間から親が関係してくるとすれば、……ご飯かな。

 幸いにも、俺は家に帰ればご飯が用意されていると思う。しかし、駒萌はこのまま帰ってもご飯が無いのだろう。「食べておいで」とでも言われているのかもしれない。

 まぁ、静かな家で一人食べるのは寂しいものだ。

「わかった、行こう」

 幸いここからなら、まだ遠回りにはならない。

「ありがと」

 駒萌の横顔しか見えないが、笑顔になっているのがわかる。

 信号が変わる。本来、真っ直ぐに行くところを、俺たちは曲がることにした。

 たまには寄り道も悪くないだろう。

 それに、彼女が笑顔になると始めから気付いていたなら、理由が何であれ、用事に付き合っていたかも知れない。そんな風に思った。

 辿り着いた先は有名ファストフード店。俺たちは各自ハンバーガーセット(俺はテリヤキ、駒萌はチーズ)を頼み、席を探している最中だ。

「思ったより混んでたね」

「まさか席が空いてないなんてな」

 横に長い店内をまだ半分くらいしか見て回ってないが、人の多さから空席を見つけられる可能性は低いと感じた。周りにも同じように、何人か困ってキョロキョロしている人がいる。

「どうしよっか」

 周りを見回しながらも、前を進んで行く駒萌。駒萌の後ろに付いて歩き、顔を動かしながらゆっくりと前に進む。

 普通に探しても、座れないだろうな。先を歩く駒萌は、何を見ながら歩いているかわからないが、俺は空席を探すのを諦めた。

 慎重に、座っている人の動きを観察する。一瞬のチャンスを逃せば、他のキョロキョロ団に席を取られてしまうからだ。

 ちょうど目に入ったところに、目的の行動をしている人たちを見つけた。雑踏に紛れるように、小さな音でパチンッと指を鳴らす。

 勇気を出して、俺は女性の二人組に声をかけた。

「すみません、ここ空きますか?」

 相手側も怪訝な顔はせず、優しく対応してくれた。

「空きますよ。ちょっと待ってくださいね」

 突然、座っている人にこんな質問をしたら失礼に見られるだろう。しかし、そんな無礼なことはしない。ちゃんと推察し、確証を得てからの行動だ。

「はい、どうぞ!」

「ありがとうございます」

 女性達は笑顔を浮かべ、席を譲ってくれた。

「駒萌、こっちだ」

 女性たちとのやり取りに気付いていなかったようで、駒萌は一人で奥へと進んで行ってしまっていた。俺を見失った駒萌は、迷子になった子犬の様に見えた。

「ほら、空いたぞ」

「すごい、よく見つけたね」

「まあな」

 せっかく席を取ったのだ。立ち話しても仕方ないので、俺はさっさと席に座る。つられて駒萌も席へと腰を下ろした。

「ちょっと席を譲って貰ったんだ」

「え、座ってる人に?」

「そう」

 女性たちの態度を見てもらえばわかる通り、俺としては悪いことしたつもりは毛頭無かった。だから、素っ気なく答えた。

 しかし、駒萌は先の一部始終を知らない。

「……無理矢理どかせたの?」

 声色に違和感を覚え、駒萌を見ると不審な目を俺に向けていた。

「いやいや、違うぞっ!」

 俺は慌てて否定をする。

「帰ろうとしている人から、譲って貰ったんだ」

 そう言うと駒萌は安心したのか、俺を見る目は元に戻った。

「でもわたしが見てたときに、立ち上がろうとする人はいなかったよ?」

「立ち上がる人を探してたんじゃないからな。帰りそうな人を探していたんだ」

「帰りそうな人?」

「そうだな……、ヒントはカバンだ」

「カバンと、帰りそうな人……?」

 駒萌は口の前に、丸く握った手を当てる。まるでオーギュスト・ロダンの「考える人」になったようだ。

 俺はセットに付いてきたポテトをつまみ上げ、口の中へと運ぶ。

「……うぅ、わからない!」

 身体を投げ出すように、駒萌は椅子へ体重を預けた。

「答え教えて。光樹」

 隠すようなことでもない。簡単に説明することにする。

「帰ろうとする人は、まず帰る準備をする。当然のことだな。そこでだ、帰る準備と言ったらなんだ」

「荷物をまとめる。とか」

「そう。その行動の中で、カバンを持ち上げるってのが解りやすいだろう」

「でも、カバンから何かを出すだけかもよ? トイレに行くだけの人も、カバンを触るよね」

 確かに、それらの可能性は大いにあり得る。

 しかし、だ。

「もしその行動を席にいる全員が同時に行ったら、どうだと思う」

「あ、なるほど」

 駒萌の表情が変わった。俺の説明に説得力が生まれたのだろう。

「その人たちが席を離れる可能性は高いね。一人も残らないなんてあり得ない」

 俺は、指をパチンッと鳴らす。

「ビンゴ。その通りだ」

「そうやって光樹はこの席を見つけたんだね」

 すっかり彫刻のような雰囲気がなくなった駒萌。

「それにしても、人見知りなのによく声かけたね」

「他のキョロキョロ団に席を取られる前に、どうにか確保しなきゃ永遠と座れそうになかったからな」

「キョロキョロ団?」

 これについては説明を省いてもいいだろう。

 俺はハンバーガーを手に取り、周りについている紙をはがした。

「まぁ、食べよう」

俺たちは無事に、夜ご飯を食べ終わる。店の中は未だに混んでいたので、早々に席を離れることにした。

「はぁ、おなかいっぱい」

「満足出来たようで」

「食後の紅茶が飲めたら、最高なんだけどね」

 駒萌は無類の紅茶好きである。生徒会室にも自前でティーセットを用意し、俺たちへと注いでくれるレベルの、だ。今となっては、駒萌が紅茶を淹れる風景も日常と化していた。

「紅茶ねぇ」

 誘われた時に感じた面倒臭さも、ここまで来るとすっかり忘れてしまう。理由はともあれ、今は駒萌と二人だ。もう少し長く一緒に居たいと思ってしまうのは、俺のわがままだろうか。

 雰囲気に勢い押され、今度は俺が誘ってみた。

「紅茶のある、喫茶店とか行くか?」

「えっ、今から?」

 駒萌はキョトンとする。

 なんだろう、立場が逆転してデジャブを見ている気分だ。

「うーん。家で飲むからいいや」

 所詮、俺たちの関係はこんなもんだ。少しでも期待した俺が間違っていた。

「……でも、」

 駒萌の声に、俺は顔を向ける。

「また来ようね」

 笑顔でそう言った。

 何て言うか、ズルイな。結局、この笑顔に振り回されるのは俺だけだ。

「今日は帰るか」

「うん」

 向かう先は、自転車置き場。

 こんな感じで今日も終わる。

 何も無かったように、俺たちはまた帰路へと戻った。

-この物語はフィクションであり、実在の人物及び団体とは一切関係ありません-

OTHER SNAPS